ポスレジとの連携に便利なオーダーエントリーシステム
ロゴ

手書き伝票とオーダーエントリーシステムを比較

手書き伝票

昔から飲食店などで活躍する手書き伝票は、実際にペンを持って人が記入するため、書き間違いが発生することもあります。会計時には伝票を見ながらレジ打ちをするので、間違いのないように注意しなくてはいけません。しかし、機械の操作が苦手な方でも簡単に記入することができるというメリットがあります。

オーダーエントリーシステム

ポスレジの機能にあるオーダーエントリ―システムですが、こちらは端末に直接注文を入力することができるものです。機械の操作が苦手な方は少々戸惑うこともあると思いますが、操作に慣れれば簡単にオーダーを取ることができ、書き間違いなども防ぐことができます。

作業の効率化ができるポスレジ

オーダーエントリーシステムを利用する場合はポスレジの導入をしなくてはいけないのでどうしてもコストがかかってしまいます。しかし、上記で比較したようにポスレジの導入でかなり作業効率を上げることができるでしょう。

ポスレジとの連携に便利なオーダーエントリーシステム

レジスター

連携機能

オーダーエントリーシステムは、ハンディターミナルとの連携が便利です。ハンディターミナルとは手で持てるサイズの端末のことで、お客様からの注文を受けることができるものです。厨房への指示もこの端末から行うことができるため、注文を取ったスタッフが厨房へ行かなくてもその場で指示を出すことができるのです。

ハンディターミナルを選ぶなら

オーダーエントリーシステムと連携できるハンディターミナルを選ぶ際は、スタッフが片手で持って操作できるよう、大きさや重さに注目しましょう。また、操作がしやすいものや、メニュー情報の変更がすぐにできるものなのかという部分にも注目することをおすすめします。

作業時間の削減

小さな店舗ではすぐに厨房に指示を出すことができるので、手書きの伝票で十分こと足りるかもしれません。しかし、レストランや広めのカフェなどはスタッフ間の連携を素早く取れるようオーダーエントリーシステムの導入をおすすめします。お客様からの呼び出しを受けてから、注文を受ける・厨房への指示・配膳・会計といった作業を一貫して行うことができるので、それぞれの作業にかかる時間を大幅に削減することができます。

経営状況の把握

オーダーエントリーシステムをポスレジと連携させることにより、記入した注文データを保管することができます。手書き伝票の管理と思うとわかりやすいのではないでしょうか。このデータをすぐにチェックすることもできるので、経営戦略にも役立てることができ、より良い環境づくりを行うことができるでしょう。

広告募集中