ロゴ

はじめに

経営戦略に役立つ機能が満載のポスレジですが、今までのレジスターとはどう違うのでしょうか。レジスターとポスレジの違いを、それぞれの特徴と合わせてご紹介します。

レジスターとポスレジの違い

レジスター

従来のレジは、キャッシュレジスターというもので、売上金の計算やその金額の記録を行うものです。レシートを作成したりなど、会計時に利用するものです。

ポスレジ

ポスレジは、レジスターの機能にさまざまな機能を加えたものになります。商品が売れた時点でその情報を記録し、確認することができるということ以外にも、顧客情報の登録までできるので、経営方針を決めるのに役立てることができます。

飲食店におすすめのポスレジランキング

no.1

飲食店向けに特化した機能のあるポスレジ

やはり飲食店向けの機能が豊富なポスレジが人気のようです。メニューの追加や変更が簡単、座席の管理が可能、レジスタとの連携が可能、売上の高い商品をランキングで表示など、飲食店に必要な機能が多く取り入れられたポスレジがおすすめです。

no.2

導入コストが低い

ポスレジを導入するならなるべく安いものがいいということで選ばれています。導入コストを下げることで初めてでもそれほど負担をかけずにポスレジを購入することができるでしょう。

no.3

初めてでも操作が簡単

新人スタッフでも操作をすぐに選ぶことができるようにということで第3位になりました。直感的な操作が可能なレジなら、初めて利用する方でも簡単に操作することができるでしょう。また、簡単に操作できることで操作ミスも減らすことができます。

no.4

市販のタブレット端末に対応

タブレット端末を使用することのできるポスレジですが、市販のタブレット端末を使用することでコストを削減することができます。また、市販のタブレットなら操作に慣れている方も多いので、ランクインしました。

no.5

セキュリティ対策万全

タブレット端末を使用するため、盗難や置き忘れも発生してしまうことがあります。そのような場合でもしっかりとセキュリティの対策が行われていることで安心して利用できます。そのため、5位に選ばれました。

お店の売上に繋げることのできるポスレジの機能

レジスター

混雑時も把握できる

ポスレジは、顧客情報や商品の売上情報を記録してデータ化することができるため、そのデータを元に店舗の混雑する時間帯や暇な時間帯を把握することができます。混雑時する曜日に合わせてメニューやサービスを変更することもできるため、売上向上に繋げることができるでしょう。

新メニュー開発にも

顧客情報管理機能を利用することで、季節ごとに提供するメニューを考える際にも役立てることができます。。今まで蓄積された顧客情報からデータを分析し、新たなメニューを開発することもできるでしょう。顧客の好みや必要なものを把握し、マーケティング対策を行うことが大切です。

[PR]ポスレジの導入を検討しているなら注目
多くの機能を搭載した製品を紹介中!

[PR]薬局の経営ノウハウを勉強しよう
専門のセミナーを定期的に開催

広告募集中